着物のクリーニングについて

着物のクリーニングについて

着物のクリーニング(丸洗い)は、特殊な衣類であるため、一般的な洋服とは異なる注意が必要です。着物は多くの場合、絹やその他のデリケートな素材で作られており、正しい方法でケアしなければ、色褪せや形崩れ、縮みなどを引き起こす可能性があります。ここでは、着物クリーニングの基本について説明します。

プロフェッショナルなクリーニング

  • 専門店: 着物クリーニングは専門知識を要するため、経験と知識を持つプロフェッショナルに依頼することが最も安全です。専門のクリーニング店では、素材や染料の種類、汚れの度合いを考慮して最適な洗浄方法を選択します。
  • ドライクリーニング: 多くの着物はドライクリーニングが推奨されますが、すべての着物がドライクリーニングに適しているわけではありません。特に浴衣等は水洗いが基本となります。

自宅でのケア

自宅で着物をケアする場合は、以下のポイントに注意してください。

  • 水洗い: 自宅での水洗いは推奨されません。特に、絹や特殊な染料を使用している着物は、水洗いによってダメージを受ける可能性があります。
  • ベンジン:油性系の溶剤を使用して衿等を部分的にお手入れも可能ですが、慣れていない場合は逆に輪シミが出来てしまう場合がありますので、使用には充分な注意が必要です。
  • 保管: 着物は適切に保管することが重要です。湿気を避け、直射日光が当たらない場所に保管してください。また、畳む際には専用のたとう紙を使用し、形を整えて折りたたむことで、シワや型崩れを防ぎます。

注意点

  • 専門家の意見を求める: 不明な点がある場合、または高価な着物や家宝といった特別なケアが必要な場合は、専門店に相談することをお勧めします。
  • 洗浄前のチェック: クリーニングに出す前に、着物の状態を確認し、特に注意が必要な部分(シミやダメージがある箇所)を伝えてください。

着物は日本の伝統と文化を象徴する貴重な衣類であり、適切なケアによって長い間その美しさを保つことができます。またパールトーン加工(撥水加工)を施しておくことで、そもそもシミを付きづらくする状態にしておくことが最善です。着物の大敵である水性シミは生地を縮めるだけではなく、とてもシミ抜きが難しい部類となりますので、必然とシミ抜きの値段も高くなります。着物を購入した段階(反物)からパールトーン加工をしておくことが望ましいです。

パールトーン加工をしておく事のメリット

  • シミがつきにくくなる: 水性の汚れに関しては基本的にシミにはなりません。一部熱くなった水性(コーヒー等)はシミになってしまいますが、クリーニングやシミ抜きで容易に落ちる様になります。
  • アフターケア: パールトーン加工済み品はクリーニングやお手入れといったサービスを定価よりも安く受けられ、通常のクリーニングにはない汗抜きのサービスも付帯しております。またお手入れには汗抜きのサービスは付帯しておりませんが、蒸気プレス(シワのばし)の効果である程度の汗を飛ばせます。
  • 保険サービス: 保険会社と提携しており、パールトーン加工をした着物に保険カードを入れて納品させて頂きます。保険カードは往復はがき仕様となっており、保険会社に必要事項を明記の上、郵送して頂くと保険に加入できます。着物の盗難・汚損・破損・火災等あらゆる保険に実質無料で加入出来ます。詳しくは保険カードをご覧下さいませ。
ブログに戻る

コメントを残す